にぎりの徳兵衛で炙った「のどぐろ」のにぎりを食べる

回転ずしの「にぎりの徳兵衛」にあったのどぐろ炙り

のどぐろ炙り

 

子供が大好きな回転ずしに行くために「にぎりの徳兵衛」に行ったところ、なんと「のどぐろ炙り」を発見!

 

本日のおすすめ
「愛知県産 のどぐろ炙り680円」

 

真っ先に注文です。

 

(広告)

 

 

にぎりの徳兵衛

どんなお店か

にぎりの徳兵衛は、最近すごい賑わいを見せていますが、以前は回転寿司チェーンのアトムボーイが有名でした。
正直味はいまいち…。だった記憶があります。

 

現在では、にぎりの徳兵衛がブランド化に成功して特に東海地方では有名です。
ネタが王道中心で、値段と味が私にはピッタリで結構利用しています。

 

店舗は東海地方中心に、関西・東北に数店舗ずつ合計で51店舗(2016年9月現在)です。
関東は残念ながら進出はしていません。

 

今では、「株式会社アトム アトムカンパニー」という会社の経営ですが、結構複雑な構造をしています。
2009年に吸収合併したステーキ宮などを運営する「株式会社アトム ジクトカンパニー」の2社制の社内カンパニー制度です。
ここだけでなく、飲食関係はグループ化が多く複雑で、自分が好きな店が同じ系列だったというのは今の時代多いですよね。

 

最近の回転ずし人気もさることながら、いつ行っても並んで待っています。

 

 

メニュー「のどぐろ炙り」

にぎろの徳兵衛のどぐろ炙り

値段は、680円と一番お高いお皿です。
にぎりの徳兵衛では、120円〜680円のお皿があり、なかなか680円はありません。

 

本マグロ炙り、ウニ炙りが、580円で、通常メニューでは680円のお皿は生ズワイガニぐらいです。
こうしてみるとにぎりの徳兵衛では専用メニューがあるぐらい炙り系が多くそろっていますね。

>>にぎりの徳兵衛通常メニュー

 

味は抜群で、期待は裏切りません。
写真をよく見て下さい。脂がジワーっとしみ出しているのが見えるかと思います。
これが口の中でトロンと広がっていい味を出します。

 

こう言っておいてなんですが、私の中では焼き魚の方が好きです。
愛知県産の「のどぐろ」なので、最高産地と言われる島根県産の方が脂の乗りが良く、産地でも少し負けているかもしれません。

 

にぎりの徳兵衛では、若干さっぱり感が強すぎて少々旨みも弱いと感じました。
ただ、誤解のないようにお伝えしますが、美味しいのは変わりありませんよ!

 

 

のどぐろ炙りは、通常メニューではないので、事前にその日に出ているかは確認してください。
以下ページより各店舗の「本日のおすすめ」に掲載されます。

>>にぎりの徳兵衛店舗リスト

 

 

まとめ

気軽に近くの回転ずし店でも食べられるようになってきたので、人気ぶりを表しています。

 

食べたことのない方は、お近くの回転ずし点でメニューがないか是非とも探してみてください。

 

(広告)

 


 

関連ページ

金沢まいもん寿司で食べる
のどぐろの握りを回転ずし「金沢まいもん寿司」で食べる